naco design officeについて

2D・3Dのデザインやデータ作成、撮影などを行なっております。
3Dスキャニングによる計測・データの作成やCNCや3Dプリンター、レーザー加工機を用いたモデルの制作をいたしております。
その他にも技術の組み合わせや工夫により対応できることもございますので、お問い合わせください。

□社名
naco design office

□所在地
オフィス:〒520-0003 滋賀県大津市あかね町5-17
工房:〒616-8362 京都市右京区嵯峨五島町37 嵯峨丸治製材所敷地内

□代表者
奥田 耕司

□事業内容
デザイン業務
3Dスキャンニング
3Dデータ作成
3Dプリント出力業務
CNC加工
造形物制作業務
雑貨・小物等のデザイン・製作・販売

□沿革
2008年
共同アトリエ「naco」としてスタート
手仕事とCNCによる雑貨制作やデザイン業務を行う

2009年
アーティストによるデザイン事務所「米亀(come-came)」に参加
デザイン業務を「come-came」で行う
日本音楽表現学会のホームページ制作(come-came)
共同アトリエを解散し、「naco design」となる。CNCや手仕事による造形物の制作、3DCG・ムービーのデザイン・制作、DTP業務を行う

2010年
京都教育大学 音楽科のホームページ制作(come-came)
京都教育大学 音楽科 田中多佳子研究室「楽器におけるわざ学の伝承とグローバリゼーション」のホームページ制作(come-came)
プロジェクト保津川「京筏組 木のグッズ アイデアコンテスト」に審査員として参加(奥田耕司)
エコプロダクツ2010にてプロジェクト保津川のブースにて筏流しの木とCNCを用いたワークショップを行う(奥田耕司)

2011年
京都嵯峨芸術大学 造形基礎研究室のホームページ「基礎カフェ」制作(come-came)
京都嵯峨芸術大学専任教員作品・研究ファイルの制作に参加(奥田耕司)
プロジェクト保津川の木工製品のプロトタイプ制作(奥田耕司)
FDM
3Dプリンターを導入

2012年
FDM3Dプリンターによる出力業務を開始

2013年
「米亀(come-came)」解散に伴い、すべてのデザイン業務を統合し「naco design office」として各種業務を行う

2014年
近大姫路大学 岸本映子 科学研究費助成事業 基礎研究C 課題番号25370710
研究課題「小学校英語のための<数>と冠詞を体系的に関連づけた名詞の指導と教材開発」の教材用データとクレイアニメーションを製作
印刷データ作成の再現性向上のため撮影機材を追加導入
キャリブレーションモニターを導入
3Dプリンターと3DCADの講習を開始
出力サイズ拡大のため、新たなFDM3Dプリンターを設計・制作
3Dスキャナを導入

2015年
ストラクチャライト3Dスキャナを導入
光造形3Dプリンターを導入

2016年
CNCレーザーカッターを導入

2017年
CNC加工機スピンドルを交換

2018年
CNC加工機を追加導入(ワーク400*590*75mm)